スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
アメリカ売り、日本買い
2008/10/17(Fri)
お久しぶりです。何ヶ月かに一回の更新になりはててます(笑。

さて、今の株式・為替市場は阿鼻叫喚な状態が続いています。ただ、ボクは今の状態こそがチャンスだと見ています。ボクはアメリカ売り、日本買いという方針で投資していきます。

10数年前にアメリカはそれまでの方針から一転して、金融を経済の礎に切り替える方針を立てました。それによってグローバル市場でM&Aを駆使しながら成長していったように思います。ただ、物作りの観点から考えると、その方向性は明らかに質の低下を招いた一番の要因だったんじゃないかなと思います。アメリカのビッグスリーと言われる、GM、フォード、クライスラーなどは典型的な例かもしれません。アメリカの物作りはかなり遅れてしまいました。それは国が甘やかした結果ともいえます。

日本は環境問題に熱心に取り組み、低燃費の車やハイブリッド技術などを世に送り出しました。それは京都議定書のように企業が環境への取り組みを強くしていかないといけないという国策によって後押しされたのもあるでしょう。アメリカは企業への負担増をさせるわけにはいかないということで、環境問題には積極的ではありませんでした。それだけ企業を甘やかした結果として、技術進展がされていかなかったのではないかと推察しています。

今の日本は技術力では世界トップクラスですし、製造業の労働効率やエネルギー効率も非常に高いレベルを保持しています。日本がバブルだったときと、今の日本を比べてみても、市場はアジア市場の急成長を含めて、グローバルに拡大しています。その中でバブル時の日本と今の日本を比べてみても、世界的な技術力、資本、効率性、ブランドなど、実際の力と株価は大きく乖離しているように思います。

サブプライムローン直撃のアメリカ経済は後退すべくして後退し、サブプライムローンを間接的に影響うけている日本はアメリカ以上に株価が下落しています。ボクは某大臣のように日本に影響は少ないなんて思いませんが、これほど日本が過小評価されている現状はまったくもって納得が出来ません。アメリカ経済は完全に後退していますし、日本は北米市場への依存度も高いです。しかしながら、アジアなどを中心とした新興国に対しての輸出も非常に高いレベルで推移しています。そしてアメリカほど消費の低下は起こっていません。当然消費の低下は日本でも起こっていますが。

正しく評価されていない日本がどんどん売られ、個別企業でも業績が良い所、将来的に業績拡大が見込まれる企業もどんどん売られ、一時期の3分の1以下の株価という企業は多々あります。これをバーゲンセールといってなんというでしょうか?

日本はこのサブプライムによる金融機関の破綻数は圧倒的に少ないです。保険会社が破綻っていうぐらいじゃないですか?また、不動産に関しては外資の資金が入っていたのが、ピタッと止まったせいで不動産価値が下落し、また、建築法の改正による影響が出ています。建築関連も不動産と一緒に連鎖的に、物価高や不動産会社破綻による不良債権化で急速に業績を悪化させています。それらを考えても景気の後退は日本でも起きているのは理解してますが、この株価は異常な低さと考えてもいいと思うし、それらを織り込みすぎた株価じゃないでしょうか?

日経平均のPBRは1倍前後。世界の投資マネーがキャッシュ化されて投資時期を狙っているようです。その時に資金が入る先はどこでしょうか?世界的に見てリスクが低く、株価が安く、成長性に期待が出来る国はどこでしょうか?ボクは日本を推します。

中国やロシアなんぞはカントリーリスクの高さに辟易しますし、堅実な利益を上げ続ける日本こそが投資妙味があるといえるのではないでしょうか?今なら短期売買もいいとおもいますし、長期保有もいいとおもいます。悪材料はまだまだこれからが本番でしょうが、狙える業種、個別企業は増えてきていると思います。ぜひ狙っていきましょう。

注目している企業はぐるなび、ヤフー、ドワンゴ、コマツ、新日鉄、信越化学、DeNAかな?しばらくは新興系のほうがリターンは良さそうだけどね。ボクもぐるなびで結構稼がせてもらったしね。大型株はもう少し時間がかかるのかもしれないです。アメリカの影響が強すぎますね・・。

最近はこんな感じです。また暇があれば記事を書きますね。であ!

スポンサーサイト
この記事のURL | 投資戦略 | CM(16) | TB(1) | ▲ top
8/19 考察
2008/08/19(Tue)
現状の日本は大変な状況にある。

まあ、みんなそれを実感しているよね。

そう、それはインフレ。穀物価格や原油価格が急上昇することによって様々な商品の価格が大幅に値上がりしている。まあここまでは良いと思うけど。

大事なのは川上である原材料などの価格はインフレで急激に値上がりしているけど、川下である消費者に販売している価格は逆にデフレ状態にあるということ。

まあ、それでも十分すぎるほど上がっているけどねえ。

だけど、価格転嫁できていない企業はやまほどあるよね。特に競争が激しい業界なんかは熾烈。例えば運輸などで説明してみると、一番価格転嫁を見て取りやすいのが燃料サーチャージ。飛行機などでは燃料サーチャージ制が定着しはじめたので、これによって燃料分の価格上乗せは容易になってきている。

しかし、同じ運輸でもトラックなどの運送に限っては燃料サーチャージ制の導入は1割も進んでいないのが実情。特に運送などのように競争優位制を企業が持ち難い業界などでは価格上乗せが難しい。

話を戻して、川上のインフレと川下のデフレはナゼ起こっているかというと、話は簡単。

【川上のインフレ】

①川上は需要と供給で需要が確実に伸びて「いた」から。
②投機マネーによって価格が吊り上げられていたという

2点がある。

【川下のデフレ】

①消費者の所得が増えていない
②求人倍率を見ても低下傾向にある
③その中で消費は一層厳格に判断される
④よって価格転嫁が難しい(競争が激しければ激しいほど)

この場合の問題点は

①資金が原材料のほとんどを生産している海外の国に流出していること
②企業収益はあがらない(原材料はあがって、製品価格は下落傾向)
③消費者の懐は寂しいばかり
④日本に資源がない!!

そんな中で政府は何をやろうとしているのか?

①消費税の増税タイミングを計る(間接税の増税が多い気がする)
②問題解決よりも解散総選挙のタイミングを計るw
③規制緩和から再規制の動き(業界によっては構造不況は多々ある)

まだ他にもあるけど、時間の関係で割愛

で、それに加えて最近の動きで、

証券税法・・だったかな?株式の売買や配当などで儲けた部分を10%の課税にしようとする動きが出ている。株式投資をしている人には朗報かもしれないけど、本当に日本政府ってのは無責任なやつが多い気がするww

そもそも小泉政権で10%の課税に減税がはじまったことで株式投資への動きが出てきたんだけど、結局それも暫定的な形で終わることになっていた(条件付で10%だけどね)

でも、株式投資が進まなくなったのは課税が20%になるからじゃないと思うのよね。東証や新興市場に対する不信が大きいように思える。ボクは日興コーディアルの処分を忘れないよ・・マジで。グレーだから良いとか判断してて、その次はその失敗があったのでIHIを特設注意銘柄へ指定。ライブドアなんか上場廃止になったよ?w

また、新興市場のチェック甘さも投資家にとっては相当な不信を招いたと思う。新規上場して即下方修正とか監査法人なにみてんの?上場基準が甘すぎるせいで個人投資家は苦汁をなめてんのよ。

こんな構造不況を呼び込んだのも政府のやり方が不味かったからでしょ。外部影響が大きかったかもしれないけど、資源獲得などを政府の後押しが不十分すぎたのも大きな理由だよ。マジ反省しろ。

それなのに証券税率を下げて個人投資家などの投資を呼び込んで株価をあげて景気浮揚を狙うなんて下策でしょう。まず、やるべきことをやってからやることなんだよ。企業は価格を下げるだけで物が売れるなんて考えてねーぞ。サービスや商品の質を高め、価格を下げないように価格設定を行っている。もう少し無駄に年ばっかり食ったやつじゃなくて経験豊富な若い人材を上手く使えよな。福田内閣ほどクソな内閣は珍しいわ。失言多すぎだしな。あまり取り上げられてないけど。

30年国債とか買うメリットあるのか?国債ほど詐欺商法はないぞ?wしっかり税金を取るんだからなwwwそれでも国債の売れ行きが上々なのは株式市場への不信そのものじゃないのかねえ?

まーとにかく、なんか書いてて興奮したのでやめようw 時間がなくなったし。そして話がずれまくった。。。

要は日本経済ヤバイっすね!ってこと。そして日本政府もかなりヤバイ。

なんか無駄にながくなった。時間ねえよww

この記事のURL | 投資戦略 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
8/13 Urbanについて
2008/08/19(Tue)
■不動産開発のアーバンが破たん、負債2558億は今年最大
(読売新聞 - 08月13日 20:44)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=577043&media_id=20

噂はちょこちょこと聞いてましたが、まさかこんなにも早く 民事再生法の適用が行われるとは思っても見なかった・・。

一か月前ぐらいにキョウエイ産業が破綻しましたが、次はアーバンですか。しかも負債総額がでかい。

東急建設・・・受取手形25億6900万円
飛鳥建設・・・受取手形26億2800万円
五洋建設・・・受取手形22億8800万円
中央三井信託銀行・・・長期貸付金21億8400万円
横浜銀行・・・長期貸付金27億7500万円
東京都民銀行・・・長期貸付金14億9000万円
広島銀行・・・短期貸付金57億円 長期貸付金104億3200万円
関西アーバン銀行・・・長期貸付金47億円
みなと銀行・・・長期貸付金23億円

いやぁ・・これはひどい。銀行系は結構優良といえる銀行が多く名前を連ねていますねえ・・。それだけ安心しきっていたのか?それともアーバン側が少々条件が悪くても借りれるならと銀行側にとっての好条件を飲んできたのか・・?どうなんでしょう?まあ、驕れるもの久しからずですか。

ただ、今回の件はアーバンだけの話では決して終わらないでしょうね。 幕開けといえそうです。新興不動産の雄であったアーバンがこうなるということは、マンションデベはもとより、不動産ファンドで 伸びてきた企業は一気に倒れる可能性大。アーバンが倒れるということは他もやばい!と伝染し、資金が完全にストップするのは目に見えてるからこの余波は想像以上にでかく、そして深い気がするな。

まず、銀行関係は不動産や建設以外の他業界への融資も厳しく見ていくと思うし、それだけ銀行なども稼ぎにくい状態になるし、設備投資などにはマイナス影響は確実に与える。

財務状況が悪い企業はニッチもサッチもいかない状況が続きそう。 稼げるときにとことん稼いでやる的に成長性を重視してきた企業にはとてつもないしっぺ返しが帰ってくる典型的な例になりそう。 東京市場は世界のどの市場よりも資金が回っている市場だったと思うけど、これを気によっぽど厳しくなると思われ。

ここから学ぶべきは機会損失にあるんじゃないだろうか?アーバンの破綻を聞いて一番に考えたのは誰もが我先に儲けてやる!と思ってバンバン物件を売買したり、立てたり、壊したりしまくった反動がまさに今きているわけで、その「欲」がまさに今回の件を生み出した一番の理由だと思う。

儲ける機会を失することリスクを恐れて、大きな負債をかかえるリスクに対しては目を閉じた結果なんよね、今回は。

機会損失ってだれが損をするのかを考えてみたい。

だれも損しないと思う。これが正解なんじゃないだろうか?機会損失を良く言う業種って物販にあたると思うけど、服のサイズがないから、色がないから、などの理由で販売できなかったことに対して言うと思うけど、だからといって在庫を持つことは恐ろしいことだし、在庫を売るための割引は利益消失につながる。

アーバンは行き過ぎた開発と膨らみすぎた負債が枷になってつぶれたわけよねえ。逆にトヨタなどはどうしているかを考えてみると受注生産を基本としているのよね。そこにはPUSHとPULLの差があるわけでここがキーポイントかなあと。PUSHは確かに営業拡大に大きな力を持っていると思うけど、PULLのほうが確実にコツコツと利益を積み重ねていく手段だと思うのよね。営業の人からすると売るためだったら売るための条件が整っていないと困るからどうしても在庫を持ちたがるけどね。

でも利益率が高い企業って多くがPULLなんよね。でも高成長を続けている企業の多くはPUSHで成長している。特に新興企業はねえ。高成長している企業はそれを続けることを期待されているし、それにこたえたいと経営者も社員も考えている。

株式市場は当然それを期待し、株を売買していると思う。株式市場に上場している以上はそれに応えていくことが経営者にとって義務付けられているし、不動産・・特にマンションデベなんかは特にその成長性を買うわけだからね。

ここに難しさがあって、経済が停滞もしくは後退するであろうと読んだ経営者がいたとして、マンションデベを営んでいる場合はどうすればいいのか?決して止まることはできないし、しないと思う。それは高成長をしているからこそできないんだと思う。これが怖い。一度止まればそれこそ格下げされたり、株価が落ちることによって、資金がショートする可能性が急激に増してしまうから。

マンションデベの経営の難しさを痛感する。アーバンは増収増益をずっと続けてきて、倍々ゲーム状態だったけど、こうなってしまった。恐ろしい世界だわ。まあ、もちろん手堅くやれば儲けることはできるだろうけど、今まで見たいな何やっても儲かってた時代に手堅くやってたら見向きもされないあたりもつらいとこよねww

で、広島銀行。大変やねえ・・この規模は。サブプライムでもこれだけの規模を損した銀行は少なかったと記憶しているけど・・。広島県民としては正直これは痛い。広島経済に大きなダメージを生むのは間違いないでしょうな。それだけ広島経済に資金が流れにくくなることを示唆しているわけですから。

キョウエイが・・アーバンが・・・そして次は章栄不動産ですか?w 連想ゲームですよね。次はどこか??次なる被害はどのように及んでいくのか?貸し剥がしが進むでしょうね。そしてそうやってうわさされた企業への融資は完全に凍結。運転資金に困った企業はCBを連発・・。CBなんてやったところはほとんどが危ないと見られ始めるわけで・・。

あいあい。暗黒の時代へヨーソロ。

悲観的な長文でスマソ。

あ!開発中の物件とかどうなるんだろ?建つ前から購入している人は本当に大変かもしれないな・・。建っているのを購入していればたぶん大丈夫だけど、開発中のでローンを組んだ後のはどうなるんかな?

怖いわぁ・・。マンションとか買えないわ・・。

以上、Mixiで8/13投稿した分を転載しました。

この記事のURL | 投資戦略 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久しぶりに
2008/07/15(Tue)
約半年振りの書き込みですね^^;

現状は仕事がかなり忙しく、今一番利回りの良いのが仕事になってきています(笑。ブログの更新をストップしてからは取引をほとんどやめているので、なんともいえませんが、市況的には非常に状況が悪いといわざるをえない状況です。この時期に保有していても連れ安に巻き込まれるだけで不毛なので、株式優待中心で参加してます(笑。

しかし不動産の市況はすさまじく悪いですね。ボクの知り合いのマンションオーナーが一括借り上げで某上場企業に委託しているらしいのですが、今月の支払が通帳にはいってきていない!!らしく、かなりヤバイ状況になっていると聞きました。

アーバンやダヴィンチ、トーセイ、サンシティ、サンフロンティアなど注目してきていましたが、ここ最近の市況は最悪ですね。指標的には美味しい企業は多々ありますが、さすがに買えないですね^^;元々高成長が売りで株価が形成されていた趣もありましたから、そのメッキがはげたらこんな感じに急落するんでしょうね・・。

そして為替もアメリカの状態が悪いので、ユーロや円が相対的に上昇していますね。こういうときこそ金がいいんですが、どうでしょうか?結構堅い気がするので狙おうかどうか迷っていたら・・・吹いていますからねえ・・はぁ(苦笑

反転時期はいつでしょうか?今年のうちに来るのでしょうか・・?恐らく時間はかかるでしょうね。サブプライムの余波がまだまだこれからも出てくると思います。それが全世界的に影響を受け、一時停止を余儀なくされるのが今年、2008年なのかなと思い始めました。日本電産の社長あたりはウキウキして向かえていることでしょうね(笑。

この記事のURL | ブログ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
2/27 今後の日本はどうなるのか?
2008/02/27(Wed)
不定期更新が当たり前になってきました・・。最近はあまりトレードを頻繁にしなくなりました。 どっしり構えれるようになったというか・・(笑。

現在保有はシミックです。IHIは日経平均に引っ張られる形で上がった所で利益確定しました。今日の下げは厳しかったですね。予想できない・・というか特設注意市場に上場している企業ですから予想しなければいけないことだったのでしょうか・・?

しかし米国の経済指標は非常に悪いですね。ただし、経済政策などの対応の素早さなどが功を奏している感があってそこは日本とはまったく違いますね。日本の高官はサブプライムローンの影響は日本企業にとっては影響は小さいと思っている人が多数いるらしいですからこれといった動きが見れないのはその証拠なんでしょうね。

日本経済は正直政治の後押しが非常に弱いことは言うまでもないですが、その中で日本人の商魂の逞しさはさすがだと思います。ただし、政治が弱いがために経済や為替などの影響や、今後の新興国の台頭に対応していくことができるかが心配です。それがもろに株価や為替に数字となって現れてくることになると見ています。現状米国は最悪期を抜けたと僕は思っています。あとは回復だけでしょう。景気停滞はあっても後退までにはいかないのではないかというのが僕の予想です。

日本は現状の与党の衆議院、野党の参議院のこの状況が変わらない限り政治は動きたくても動けないでしょう。解散総選挙か大連立かの二通りの選択をすぐに決断しなければ国益を損なうと思いますし、世界から取り残された国となってしまいます。そしてそれはすでに起こり始めています。

今後米国の景気は回復し、それに伴い日本の景気も回復傾向が見えてくると思います。しかしながら、政策の違いや政治家や官僚の姿勢が日米では違いすぎます。その状況下で日本企業の株式や円が買われるような展開になっていくかは疑問です。もちろんしばらくは現状の為替水準・日経平均を維持する動きになるかもしれませんが、中長期的には仕込み場のような気もします。

短期的な視野で考えると3月初めは株価は下落し、上げ始めるのは3月中旬以降だと考えています。3月は経済指標の発表や企業の業績発表などを控えているので、その影響で下落する可能性が高いです。そこを抜ければ上げていく動きに転換されていくと考えています。もちろん経済指標や業績次第ではありますが、ある程度の悪材料は織り込みはじめているので大幅な下落とはならないのではないかと思います。

この記事のURL | 投資戦略 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。