スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バルチック海運指数(不定期船運賃指数)
2007/11/28(Wed)

バルチック海運指数(不定期船運賃指数)

海運セクターに注目している人でこの単語を知らない人はいないほど、最近注目を集めている指数がバルチック海運指数(不定期船運賃指数)です。

バルチック海運指数は正式にはバルティックドライインデックス(The Baltic Dry Index, BDI)と言い、ロンドン海運取引所が運賃単価を取りまとめて算出している指標です。バルチック海運指数は1985年の平均値(1000)を算出基準としています。

バルチック海運指数(BDI)には「BCI(ケープサイズ)」、「BPI(パナマックス)」、「BSI(サプラマックス)」などがあり、積載量で分類されています。

ただ、基本的にはBDIの数値だけに注目しておけばOKです。BDIの数値が高ければそれだけばら積み船の運賃単価が高くなっているということで、それだけ海運各社の収益性が高まっていると考えればいいわけです。為替で言う円安であれば外需企業が儲かるというのと似たような考え方です。

最近はこのバルチック海運指数(BDI)が急騰していますが、この理由として考えられるのが、新興国の急成長によって、原油や鉄鉱石や穀物輸送などの輸送需要が高まった反面、船舶供給が追いつかず需要と供給のバランスが需要に大きく傾いてしまったことが原因だと考えれます。

よって新興国の成長が続く限りはバルチック海運指数も高い水準で留まる可能性は高いです。ただ、それも船舶供給などが行われ、新興国の海運企業の勃興などが起これば競争激化により、バルチック海運指数も少しずつ下がっていく可能性は十分に考えれます。

Dry Ships社 バルチック海運指数
日本時間の22:30頃に更新されます。多分ここが一番更新が早いです。

タグ:   

スポンサーサイト
この記事のURL | 名称未設定_3 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
投資信託
2007/10/15(Mon)

資産設計(投資信託編)について

個人投資家がすべき投資スタイルとしてはやはり毎月貯蓄するタイプの投資信託がお勧め。特に401Kは手数料や税制上も有利だと思うし、老後も安心が出来る投資だと思う。60歳で初めて引き出せるわけだけど、老後専用で少額ずつでもやっておけば複利+非課税で高いパフォーマンスが期待できる。本当に複利の力は半端ないよ(下図参照)。特に若い人は早めにやっておけば複利の力を如何なく発揮できるのでオススメするわ。


長期間毎月コツコツと貯めて401kを運用すると複利+非課税で莫大な利回りだよね。

この記事のURL | 名称未設定_3 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
時価総額
2007/10/10(Wed)

株式投資-株式用語説明-

時価総額とは

この記事のURL | 名称未設定_3 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
売上高営業利益率
2007/10/09(Tue)

株式投資-株式用語説明-

売上高営業利益率とは

この記事のURL | 名称未設定_3 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
EPS(1株利益)
2007/10/09(Tue)

株式投資-株式用語説明-

EPSとは

この記事のURL | 名称未設定_3 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。