スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
1/31 次に狙うテーマは何か
2008/01/31(Thu)
皆さんお久しぶりです。一回更新を怠るとやはりダメですね・・。それが常態化してしまいます。最近はトレードほとんどしてないです。安い所で仕込んで売ってやろうと考えてたら、随分したまで下がってしまって売るに売れないような状況でした^^;今日の上げで損切りしましたが、いい勉強させてもらいました(笑。

今後狙っていくテーマは金融と造船、エネルギー、工作機械、建機、モバイル、ゲーム, 動画などでしょうか。金融に関しては非常にリスクが高いので手が出し難いですが、面白いセクターだと考えています。現状では消費者金融なども面白い気がします。

造船は非常に熱い分野で、リスクも低いと考えています。特に船舶の電気機器系統を手がける企業は超繁忙を極めていると聞いていますし、それがしばらく続くと考えています。全体的に設備投資の波は減速傾向にはあると思いますが、それでも設備投資をしなければ企業は勝ち残っていくことができないわけですから、新興国を中心に設備投資が行われ、それから他のテーマに移っていくのではないかと、順序的に感じるわけです。

エネルギーは個人的に狙うかどうかは微妙ですが、興味深い分野だと思います。少しずつ分析していこうと思います。モバイル・ゲーム・動画はセットで考えても良さそうです。モバイルコンテンツとしてのゲームや動画の考えもありますし、ゲームはPS3やWiiなどが大分消費者の手に渡ってきているのを実感していますので、2008年はソフトなどの販売が急激に伸びそうです。現在はWiiは任天堂Onlyになっていますが、他のソフトもどんどん供給されていくでしょうし、今年がその年になると思います。

あとモバイルに関してですが、ドコモの905が販売されたことでコンテンツに広がりが見られることとなるでしょう。GPSや動画、おサイフケータイ、インターネット、ゲーム、モバイル検索・広告などは伸びる要素は多くあります。905はまだまだ流通が遅れているので905クラスの性能を持った機種が出回るには時間がかかりそうですが、ある程度の機能が標準化されていけばコンテンツも出揃うはずなので、それを虎視眈々と狙っている企業に先行投資をしていくと良いかなと考えています。

スポンサーサイト
この記事のURL | 投資戦略 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1/9 投資戦略情報
2008/01/10(Thu)

「株式投資戦略情報」  H20年1月9日版

【10日の国内・海外スケジュール】

【国内】

11月景気動向指数(14:00/先行15.0%・一致33.3%)
12月末オフィス空室状況(11:00)
1月携帯純増数
12月末外貨準備高

日銀武藤副総裁が金融経済懇談会に出席(札幌)
大阪府知事選告示
松下の08年度経営方針説明会
《決算発表》
マルカキカイ、壱番屋、宝印刷、インテリックス、ジャステック、くろがねや、ジェイプロジェクト、J.フロント、セブン&アイ、クラウディア、オオゼキ、スター精密、F&Aアクア、マルエツ、チヨダ、東急ストア、ダイエー、フジ、IDU、ファーストリテイリング

【海外】

ECB理事会
米12月チェーンストア売上(11日3:30)

《決算発表》
シェブロン
この記事のURL | 投資戦略 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1/9 2008年はどうなる?
2008/01/09(Wed)

明けましておめでとう御座います(遅。ようやく仕事が落ち着きました。年末年始と多忙を極めてましたのでまったく株式市場を見ていません。復帰することができるのか?っていうぐらい部外者でした(笑。というわけで?本年もどうぞよろしくお願いします。

今年はどんな年になるか・・まだ見極めるには難しい所ですが、やはりニュースなどでも取り上げられている通り、スタグフレーションが今年のキーワードといえそうです。まぁ、去年から言われてましたけどね。

世界的に金融・不動産セクターはサブプライム問題で大ダメージを負っています。それは他産業にも影響を大きく及ぼしているはずです。特に金融セクターは全ての産業に影響を与えていると感じてますし、それが不動産セクターに追い討ちを大きくかけていると考えてもよさそうです。

金融セクターは引き続き厳しいでしょう。そして不動産も。金融セクターはサブプライム関連の損失が片付くまでは当然厳しいのは分かりきったことですが、それ以上に銀行は預金の引き上げや資金の借入が出来ず、資金を動かすことで収益を上げることが出来る銀行は相当きついはず。考えても見ればサブプライムで大きな損失を出している企業は多く、4半期ベースだけで数千億円の損失を計上している企業が数多くおり、そんな企業に金を預けよう・貸そうと考える人がいるわけもないわけです。不動産はノンリコースなどの借入なしに不動産取得をすることなどできるわけもないですし、マンションなどは郊外型を中心に販売が非常に厳しいと言わざるを得ないでしょう。確かにオフィス型は好調に推移しているでしょうが、不動産セクター全体は不調のまま推移する可能性が強そう。一つ良い点は利上げが大分遅れそうなことでしょうか。

金融セクターが細れば設備投資などに資金が必要な企業としても資金を借り難くなっているため、実需にもそれが色濃く反映され始めると考えても良さそうです。景気は悪くなるのではなく、停滞状態というのが2008年と考えているので、その点で今まで好調しすぎていたセクターは一段と安くなる可能性が高そうです。例えば建機や海運とか。

逆に好調に推移しそうなのが、環境関連や農作物、原油、金、水、レアメタルなどのエネルギー・資源関連、携帯電話関連・ネット広告・ゲーム関連などに注目すべきかなと見ています。あとまだ詳しく調べていないけど、食品関連も面白いかもしれない。色んなものが値上げしている状況下にあるけど、食べなきゃ死ぬわけだから買う以外はない状況下でこの値上げがどれだけ収益に反映されるかが気になる所。

キーワードとして注目したいのが「サブプライム」「政治」「環境」「新興国」「大統領選挙」「スタグフレーション」「世帯収入」「ソブリンウエルズファンド」かなと。

1年を通して好調に推移し、爆発的に伸びるのはモバイルだと思っています。このモバイルはネット広告やゲーム関連とも密接に関連し合いますし、相互に伸びていくと思います。DeNAやMixiなんかは全てに関連しているといえますね。他にはザッパラスやアクロディア、エイチアイ、アイレップ、アウン、フルスピード、ヤフー、ぐるなび、ゼンリン、ドワンゴあたりなんかは注目してもよさげ。ゲーム関連は正直よく分からないのでもう少し調べないといけないですが、WiiやPS3、DSなどのハードも大分普及し、ソフトなどの発表も数多くなることが予想されるので、その点では2008年はゲーム業界は盛り上がりを見せる年になるのではないでしょうか。DeNAのモバゲータウンのようにモバイルコンテンツとしてのゲームも非常に注目すべきでしょう。普及率で言えば携帯がダントツですから。

そして為替だけど、どこが底になるかを見極めることが大事かなと。個人的にはもう一段安となってもおかしくないかなぁ?と見ています。104円~106円あたりで参入したいなと考えているけど、そこまでいくかどうかははっきり分かりませんが、サブプライムが長引けば長引くほどどこが底かは変動してきそうです。春か夏ぐらいには一段落はしそうなんですが・・。

今までのように毎日更新は出来ないかもしれませんが、なるべく更新していきますので、今年もよろしくお願いします^^

この記事のURL | 名称未設定_4 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。