スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
8/13 Urbanについて
2008/08/19(Tue)
■不動産開発のアーバンが破たん、負債2558億は今年最大
(読売新聞 - 08月13日 20:44)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=577043&media_id=20

噂はちょこちょこと聞いてましたが、まさかこんなにも早く 民事再生法の適用が行われるとは思っても見なかった・・。

一か月前ぐらいにキョウエイ産業が破綻しましたが、次はアーバンですか。しかも負債総額がでかい。

東急建設・・・受取手形25億6900万円
飛鳥建設・・・受取手形26億2800万円
五洋建設・・・受取手形22億8800万円
中央三井信託銀行・・・長期貸付金21億8400万円
横浜銀行・・・長期貸付金27億7500万円
東京都民銀行・・・長期貸付金14億9000万円
広島銀行・・・短期貸付金57億円 長期貸付金104億3200万円
関西アーバン銀行・・・長期貸付金47億円
みなと銀行・・・長期貸付金23億円

いやぁ・・これはひどい。銀行系は結構優良といえる銀行が多く名前を連ねていますねえ・・。それだけ安心しきっていたのか?それともアーバン側が少々条件が悪くても借りれるならと銀行側にとっての好条件を飲んできたのか・・?どうなんでしょう?まあ、驕れるもの久しからずですか。

ただ、今回の件はアーバンだけの話では決して終わらないでしょうね。 幕開けといえそうです。新興不動産の雄であったアーバンがこうなるということは、マンションデベはもとより、不動産ファンドで 伸びてきた企業は一気に倒れる可能性大。アーバンが倒れるということは他もやばい!と伝染し、資金が完全にストップするのは目に見えてるからこの余波は想像以上にでかく、そして深い気がするな。

まず、銀行関係は不動産や建設以外の他業界への融資も厳しく見ていくと思うし、それだけ銀行なども稼ぎにくい状態になるし、設備投資などにはマイナス影響は確実に与える。

財務状況が悪い企業はニッチもサッチもいかない状況が続きそう。 稼げるときにとことん稼いでやる的に成長性を重視してきた企業にはとてつもないしっぺ返しが帰ってくる典型的な例になりそう。 東京市場は世界のどの市場よりも資金が回っている市場だったと思うけど、これを気によっぽど厳しくなると思われ。

ここから学ぶべきは機会損失にあるんじゃないだろうか?アーバンの破綻を聞いて一番に考えたのは誰もが我先に儲けてやる!と思ってバンバン物件を売買したり、立てたり、壊したりしまくった反動がまさに今きているわけで、その「欲」がまさに今回の件を生み出した一番の理由だと思う。

儲ける機会を失することリスクを恐れて、大きな負債をかかえるリスクに対しては目を閉じた結果なんよね、今回は。

機会損失ってだれが損をするのかを考えてみたい。

だれも損しないと思う。これが正解なんじゃないだろうか?機会損失を良く言う業種って物販にあたると思うけど、服のサイズがないから、色がないから、などの理由で販売できなかったことに対して言うと思うけど、だからといって在庫を持つことは恐ろしいことだし、在庫を売るための割引は利益消失につながる。

アーバンは行き過ぎた開発と膨らみすぎた負債が枷になってつぶれたわけよねえ。逆にトヨタなどはどうしているかを考えてみると受注生産を基本としているのよね。そこにはPUSHとPULLの差があるわけでここがキーポイントかなあと。PUSHは確かに営業拡大に大きな力を持っていると思うけど、PULLのほうが確実にコツコツと利益を積み重ねていく手段だと思うのよね。営業の人からすると売るためだったら売るための条件が整っていないと困るからどうしても在庫を持ちたがるけどね。

でも利益率が高い企業って多くがPULLなんよね。でも高成長を続けている企業の多くはPUSHで成長している。特に新興企業はねえ。高成長している企業はそれを続けることを期待されているし、それにこたえたいと経営者も社員も考えている。

株式市場は当然それを期待し、株を売買していると思う。株式市場に上場している以上はそれに応えていくことが経営者にとって義務付けられているし、不動産・・特にマンションデベなんかは特にその成長性を買うわけだからね。

ここに難しさがあって、経済が停滞もしくは後退するであろうと読んだ経営者がいたとして、マンションデベを営んでいる場合はどうすればいいのか?決して止まることはできないし、しないと思う。それは高成長をしているからこそできないんだと思う。これが怖い。一度止まればそれこそ格下げされたり、株価が落ちることによって、資金がショートする可能性が急激に増してしまうから。

マンションデベの経営の難しさを痛感する。アーバンは増収増益をずっと続けてきて、倍々ゲーム状態だったけど、こうなってしまった。恐ろしい世界だわ。まあ、もちろん手堅くやれば儲けることはできるだろうけど、今まで見たいな何やっても儲かってた時代に手堅くやってたら見向きもされないあたりもつらいとこよねww

で、広島銀行。大変やねえ・・この規模は。サブプライムでもこれだけの規模を損した銀行は少なかったと記憶しているけど・・。広島県民としては正直これは痛い。広島経済に大きなダメージを生むのは間違いないでしょうな。それだけ広島経済に資金が流れにくくなることを示唆しているわけですから。

キョウエイが・・アーバンが・・・そして次は章栄不動産ですか?w 連想ゲームですよね。次はどこか??次なる被害はどのように及んでいくのか?貸し剥がしが進むでしょうね。そしてそうやってうわさされた企業への融資は完全に凍結。運転資金に困った企業はCBを連発・・。CBなんてやったところはほとんどが危ないと見られ始めるわけで・・。

あいあい。暗黒の時代へヨーソロ。

悲観的な長文でスマソ。

あ!開発中の物件とかどうなるんだろ?建つ前から購入している人は本当に大変かもしれないな・・。建っているのを購入していればたぶん大丈夫だけど、開発中のでローンを組んだ後のはどうなるんかな?

怖いわぁ・・。マンションとか買えないわ・・。

以上、Mixiで8/13投稿した分を転載しました。

スポンサーサイト
この記事のURL | 投資戦略 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<8/19 考察 | メイン | 久しぶりに>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kablog1980.blog119.fc2.com/tb.php/141-3157d909

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。