スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
EPS(1株利益)
2007/10/09(Tue)

株式投資-株式用語説明-

EPSとは

【EPS(1株利益)】

一株に対して最終的な当期純利益がいくらあるかを示す。

  EPS = 当期純利益÷発行済株式総数

EPSはPER(株価収益率)やROE(株主資本利益率)を算出する際に用いるため覚えると良いと思います

このEPSが高ければ高いほど株の価値が高まります。EPSが年々高くなると予想をしている企業に対しては「なぜEPSが今後高くなっていくのか?(利益が高くなるのか?)」を分析していく必要があります。それは企業の決算短信アナリストレポートなどを見れば説明されているので参考にされると良いかと思います。

タグ:   

スポンサーサイト
この記事のURL | 名称未設定_3 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<10/9 株投資戦略情報 | メイン | PER(株価収益率)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kablog1980.blog119.fc2.com/tb.php/38-f4ae02a3

株 用語の最新記事
株の記事一覧をご紹介! 株 板寄せ方式の最新情報売買単位:10株(変更なし) 値幅制限:前日終値のプラス・マイナス5%以内(変更なし) 刻み値:変更なし 【用語】 板寄せ方式。市場の注文をある程度集めてから、つきあわ …
2007/10/15 09:01  株の記事一覧
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。