FC2ブログ
新興市場を狙え
2007/10/24(Wed)

新興市場を狙え

何をいまさらなテーマですが、なぜ新興市場なのか。そして新興市場の中でも何を狙うのか?

  • 新興市場を狙う理由は単純に新興市場に資金が入るようになってきた
  • 米ハイテク株の決算が好調に推移していること
  • 円高ドル安に推移していく可能性が高いこと
  • ネット広告の成長性
  • 日米のネット広告 - タイムマシン予測

まず、第一に新興市場の調子が良い。つまり資金が入っている。これは米国のハイテク企業の調子が良いことが日本企業の株価にも影響を与えていることに起因しているように思える。それが正しい見解かどうかはわからないけど、資金が入って新興市場が堅調なのであれば、その中でも特に高いパフォーマンスを持続的にあげることができる企業に投資しなければならない。と、なると、どのセクターのどの企業かを具体的に考える必要がある。

今後米国のハイテク企業は国内は弱い動きをすると考えるが、海外売上高が高い企業が多く、ドル安は追い風となる。米キャタピラーの業績が国内売上の落ち込みが大きかったのも含めて実需は落ち込みを見せる可能性も高い。

僕が注目しているのはネット広告。この分野は伸びていく可能性は高い。まずはネット広告企業のオプトが公開している資料である日米ネット広告市場をみてください。これを見ればネット広告はまだまだ伸長することがよくわかる。まだ停滞する段階ではないというのは自分の実感としてもわかる。SNSやブログというのはこの数年で生まれ発展してきたけど、まだまだ伸びる分野だと思う。ただ、それらを急伸させるサービスはリスティングサービスだとみている。そしてそれを支えるのがSEOやSEMのノウハウだと思う。この分野は大幅に伸びており、今後も続くと思う。それはなぜかというと広告と親和性があり、本当の意味での見込み客に働きかける広告だからです。そして成果主義的な広告で、「1クリックいくら」という数字で広告料金を払うようにできている点も見逃せない。

今僕もGoogleAdwordsとOvertureを使っているけど、Overtureは使いやすくて効果を出しやすい。これらのリスティング広告は「1クリックいくら」のいくらをユーザーが決める。たとえば「1クリック9円で、一日500円までの表示」とかも設定ができる。また、競合性が強いキーワードに対してはクリック単価を高めなければリスティング広告の順位を上げることができないため(広告の品質という考え方もあるが)、リスティング広告は利用が進めば進むほどクリック単価が高くなっていく。これは非常に注目すべき点で、検索エンジンは今後利用はもっともっと拡大していくのは明白だが、検索エンジンを利用したリスティング広告の利用はそれだけ伸びていく。利用が伸びるということは広告主が増える。広告主が増えるということは広告単価があがるということ。それだけ利益率を大幅に高めることにつながる。それを効果的にしていくことがSEOやSEMだ。

このSEOやSEMを取り組んでいる企業はアイレップやアウンコンサルティングで非常に注目すべき企業だが、ではほかに取り組んでいる企業はないのか?他ではフルスピードやサイバーエージェント、オプト、セプテーニ、トランスコスモスあたりかな?これらの企業を注目するのは当然として、ネット広告についての動きを考えてみたい。

ネット広告はまず広告主がいて、リスティング広告がしたいと思えば、いきなりOvertureやAdwordsを利用する広告主もいるが、その前にリスティング広告の設定やキーワード分析や、ホームページをリスティング広告用に作ったりなど、かなり煩雑な作業が必要となる。そうなればどこに頼むかというと上記の企業だ。上記の企業はそういった媒体を作成し、実際にOvertureやGoogleで掲載をしてもらうわけだけど、このOvertureはヤフーなわけで、ヤフーに注目せざるをえないと思う。そういったリスティング広告の最終地点とはすなわちヤフーやGoogleなわけで、リスティング広告の発信をつかさどっている企業がどの企業よりも強いわけです。クリック単価があがったからといって上記の企業の収益を押し上げるかといえばそれはないわけです。あくまで需要が増えるだけでね。

そういった広告のポータル的存在が今後は強く成長していくと考えます。たとえばサイバーエージェントのようにブログサービスを行っているとか、MixiのようにSNSを運営しているとか、ライブドア(上場廃止されてるけど)のようにポータルサイトを持っているとか。

また、CCIやオプト、サイバーエージェントのようにネット広告を専門に取り扱っている企業も注目。今後ネット広告の需要は堅調に伸びていくと考えるが、参入障壁が比較的低い業界なので、企業の動向には常に注視していく必要がある。ネット広告全般で参考になる資料として、オプトの日米ネット広告市場はなかなか参考になる。基本的に日本のネット企業がやっていることは米ネット企業のサルマネが非常に多い。向こうでブームになっているものを日本に持ち込んでいるわけで、米ネット業界の情報を参考に今後日本はどうなるかを占ってみるのも一つの手だと思う。これがタイムマシン予測ね(笑。ただ、日本の場合はリスティング広告は伸びるとは思うけど、バナー広告などはまだまだ伸びないと思うけどねえ・・。広告関連は消費者金融が広告を控えるようになってから甚大な被害をこうむっているし、消費活動が上向きになるまでは正直厳しい気がする。

それらをふまえて、今後の基本的な投資スタイルとしてはCCIやオプト、サイバーエージェントの業績などを指標として、ネット企業でも小型の企業で高収益を上げている企業を狙っていくほうが高いパフォーマンスを得やすい。今の時点ではそれがアウンコンサルティングやアイレップ、フルスピードがまさにそれ。この分野は今後も高い成長性が期待される

また携帯電話のモバイル広告も注目だ。携帯電話も有力なコンテンツやポータルを持っている企業が圧倒的に強い。今注目はやはりDeNA。DeNAの社長は南場さんっていう女性社長なんだけど、数字には徹底しているし、無駄はとことん省くというのでも話をよく聞くので、その点でも非常に注目しているが、モバゲータウンの会員数が急拡大している段階にあるので、業績も急拡大する可能性が非常に高い。

ゲーム以外では占いに注目。ザッパラス(3770)は占いコンテンツに定評があり、若い女性層の顧客を多く抱える。会員数も堅調に伸ばしており、注目すべき企業の一つ。占い分野は若い女性中心に落ち込むことがないコンテンツ。オリジナルコンテンツも多く、業績を拡大する可能性は高い。

ネット関連企業だけでもこれだけ多くあるけど、狙うなら高成長小型企業が有望。時価総額が大きい企業は業績を指標として今後を占い、投資戦略を決めていけば良いと思う。新興市場はボラが高いので損切り・利益確定をする判断をしっかりやっていかないと大変なのことになることも多々あるので損切りできない人は逆指値を設定しておくなりしておきましょう(笑。

スポンサーサイト



この記事のURL | 注目企業 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<10/24 株式投資戦略情報 | メイン | 10/23 マーケットコメント>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kablog1980.blog119.fc2.com/tb.php/62-d9ec3612

| メイン |